年末納期の回路設計・試作・マイコン・クラウド、今からでも、予算がなくても。

仕様作成から代行ok、どんな理由でも100%返金保証急ぎokの、きもと特急電子設計。フリーダイヤル 0120-220-447 (無料、平日10-18時)

< phpプログラムで制御する3Dプリンタ入門(2013)

  • この記事は、3Dプリンタ用の立体データを、phpプログラムから出力する方法を解説しています。プログラムを使うことで、少しずつ寸法の違うデータを一度に出力し、すり合わせの時間を短縮することができます。
  • 3Dプリンタで出力するデータは、普通は3D-CADで作ります。
  • しかし、3D-CADはデータを1つ作るのには適していますが、自動生成には向いていません。
  • 例えば、軸にぴったり合う穴径を見つけるために、0.1mm単位で穴径を変えたものをいくつも作るとか、実験計画法で必要となる寸法の組み合わせを自動で生成するといったことはできません。
  • この記事では、3Dプリンタ用のデータをphpプログラムから出力しています。
  • 立体データの難しい知識は必要なく、まず底面の座標を指定し、それをプログラムで動かしていくと完成です。
  • この環境のおかげで、当方ではプリント基板の発注前に、3Dプリンタで仮組みをおこない、ミスを減らすことができています。
  • > この記事のホームページ: http://gihyo.jp/dev/serial/01/phpto3dpr

ご相談だけでも構いません。

  • ご相談だけでも構いません。できる限りのアドバイスをします。なぜなら、無理して受注して後で返金になるよりは、相談の段階で問題が明らかになった方が、どちらにとっても好ましいからです。「○万円しかないが、何か方法はないか」というご相談も歓迎いたします。
  • 繰り返しになりますが、お困りのことがある方は、ぜひ一度無料相談をご利用ください
  • 無料での相談に抵抗がある方は、マイコン・クラウド何度でも試作+コンサルコースもご検討ください。

Copyright © 2023 Kimoto express electronic design / post@kex.jp / 0120-220-447 (無料、平日10-18時)